事務局より

🆕 新着🏃&近日公開予定! 先輩・後輩・現役!

左写真:トップページの火原氏提供【理数科関東研修での講演の一コマ】

写真下段3点:2月8-9日にくにびきメッセで開催された「しまね未来共創フェスタ2019」のスナップショット。近日中に詳細をご報告予定。
地域・教育魅力化プラットフォーム

そこで、出会った北高生や県内の高校生はとても元気!
下段中央写真:約1世紀?!変わらない北高の制服が懐かしい(上段左から松本君/松江南高,藤原君/北高,平田さん/松江商業,下段左から錦織君/松江工業,永瀬さん/北高)全員1年生です。藤原君からの先輩方へのお手紙を頂きました。
【東京双松会の皆様へ】
謹啓 向春の候、貴行ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平成31年入学、22Rの藤原睦己(ふじはらむつき)と申します。
さて、先日開催されました、しまね探求フェスタで東京双松会の大先輩にお会いできましたこと、大変うれしく思っております。
改めて松江北高校の長い歴史を実感することができました。
またお会いできることを心より楽しみにしております。  敬具

東京双松会の平成以降の卒業生の自己紹介ページをスタートします(随時)

第1回は、いつも素敵なテノールボイスで聴衆を魅了する岩井翔平さん(平成22年卒)よりご案内です。
岩井翔平さんのページ

     

市民講習会「孤独死は嫌ですか?」延期のご案内
松江一中・北高で学んだ3人は、北海道・島根・東京とそれぞれ地域医療の現場で日夜奮闘しています。北海道登別で再会し「孤独死について語り合い、死に際を考える」講演会開催予定でしたが、新型コロナウイルス蔓延予防対策にて延期となりました。改めてご連絡させて頂きます。

日時:延期 改めてお知らせ致します。
場所:登別市市民会館中ホール(北海道登別市富士見町7-33)
基調講演:「ひとりで死ぬ人はどのくらいいるか」皆川夏樹(みながわ往診クリニック院長/松江一中・北高から都立青山高校へ転校・京都大学医学部卒業)
講演:「島根県の中山間地での人生の最後…なかなか独りでは死ねない」鈴木賢二(町立奥出雲病院院長/松江一中・北高34期・島根医大卒業)
講演「東京での孤独死の実態」嵯峨崎泰子(野崎クリニック副院長/松江一中・北高35期・日本女子大学卒業)

     

観桜会&日本外国特派員協会見学会・講演会の延期のお知らせ

4月2日観桜会&セミナーは、新型コロナウイルスパンデミックで全世界的に行動変容と注意喚起が促進されてる中、オリンピックも延期となりました。表題の会も万全の対策を準備して予定しておりましたが、延期としました。
改めて、観桜会の時期ではないかと思いますが実施致しますので、ご理解とご協力のほどをよろしくお願い致します。
東京双松会 会長 
井原勝美・事務局一同
日時:延期にて改めてご案内いたします。
場所:日本外国特派員協会
ミニ講演:坂根正敏氏 [北高26期/S50年卒 独立行政法人日本貿易振興機構 輸出プロモーター事業(農林水産食品分野)]による「ワイン,日本酒の昨今の貿易(仮)」のお話です。
参加費:8000円/学生3000円(飲み放題付)当日お支払い下さい。予約制ですので、参加ご希望の方はメールでお願いいたします。↓
tokyososyokai@gmail.com

     

東京双松会第65回総会のご案内

日時:令和2年(2020年)10月17日土曜日11:00~15:00
場所:品川プリンスホテル宴会場
講演:宇田川貴生氏(北高31期/S55年卒)
日本バスケットボール協会
理事
講演テーマ【日本スポーツ界の現状と課題】
講演要旨【Bリーグ開幕、八村選手NBA、東京オリンピック等、日本バスケットボールの現状そして日本ス
ポーツ界の課題】
講師プロフィール:
公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)理事、審判委員長/インテグリティ委員長、審判担当ダイレクター

     

役員一覧 (改定:平成30年10月13日)

会 長   井原勝美(S44)
副会長   毛利信二(S51)
監 事 宮城由美子(S53)、梅谷仁(S53)
顧 問 石倉 義朗(S30)、芦田 昭充(S37)、中村康一(S40)
事務局長 糸川孝一(S55)
総会担当 大岩篤郎(S42)、高橋正美(S44)、中島良夫(S44)
富岡 透(S47)、橋本啓司(S47)、浅野千賀子(S62)
会計担当 矢田修治(S46)
HP担当 嵯峨崎泰子(S59)
会報担当 羽田昭彦(S51)
行事担当 高根護康(S55)

東京双松会リンク一覧

島根県立松江北高等学校

近畿双松会

☆ 東京双松会関連リンク先を募集しております。各期同窓会等々繋がり先をご存知の方はお知らせください。
tokyososyokai@gmail.com

2019年11月30日

編集方針及び投稿方法について

編集担当 中村康一(S 40)
構成 本サイトは「自由投稿欄」と「トピックス欄」に投稿日付順に並べて掲載します。ある程度 投稿数 が増えて来たら、内容別にジャンルを設け、再編成します。出来るだけシンプ ルな構成を心がけます
漢字水準 漢字は第一水準(2,965字)で表示します。第二水準以降の漢字は了解なしに置き替えることもあります。写真は見栄えをよくするため了解なしに補正をかけることも あります。予めご了承ください。
投稿について 投稿文および写真は下記の東京双松会事務局のメール・アドレス宛送ってください。投稿文 および写真 を電子化できない場合は郵送してください。写真は事務局で電子化後お返しします。
郵送先 東京双松会事務局のメール・アドレスは以下の通りです。
郵送される場合は下記東京双松会事務局の住所宛郵送下さい。

〒102-0084 東京都千代田区二番町 11-3
中央印刷事務器(株)内 東京双松会事務局

TEL:03-3265-4858  
FAX:03-3265-4859

投稿メール

皆さんのご投稿をお待ちしております。

連絡フォーム

ご意見・お問い合わせをお待ちしております。(フルネームとお住いの都道府県もご記入ください。)